Pure Tech 人工木材「ウッドスター」「楽棟」 本文へジャンプ
ウッドスター取扱安全注意事項
取扱安全注意事項

①ウッドスターに打つ釘が端に近すぎると、天然木材と同様に破損する場合がありますから5㎜以上
 離して下さい。
②瓦桟木の施工時、釘と釘の間の部分に足をかけると破損する場合がありますので、釘を打ち付けた
 部分に足をかけないで下さい。
③ウッドスターを保管する場合、平らな場所に横置きとし、紫外線劣化防止の為、倉庫内かシート等で
 直射日光(
紫外線)を避けて養生して下さい。 
 温度上昇にも耐える樹脂を使用していますが、強い直射日光に当たると、若干反ることがあります。
 反った面を下向きで日陰に置くと元に戻ります。また、反ったままでビス留め・釘打しても割れることは
 ありません。
④留め付け用ビス・釘ピッチは450mm以下の間隔として下さい。
⑤ウッドスター同士の突き付け施工では、5~10㎜程度離して下さい。
⑥棟補強金具用棟垂木の金具取り付けピッチは600㎜以下として下さい。
⑦工事に不備があると雨漏れや部材の飛散の恐れがありますので、専門業者にご相談下さい。
⑧掲載商品価格には、消費税・配送・工事費・使用済み部材の引き取り費等は含まれておりません。


   Copyright(C)2004-2017 有限会社ピュアテック All Rights Reserved.
(掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。)