Pure Tech 人工木材「ウッドスター」「楽棟」 本文へジャンプ
楽 棟(らくむね) MNシリーズ
楽棟U型
産業財産権登録済

棟芯材・F形S形 多目的

棟補強金具・棟垂木不要!!

木材と変わらぬ加工性と釘打ちビス留め可能

品確法に対応できる。
(高付加価値工事のご提案!)


社会的問題プラスチック再生利用に貢献。
【楽棟U】
MN20

寸法表
品番 高さ 長さ 梱包数 定 価/1本
MN20 90o 73o  2,400o 6本 3,240円/本
                            

MN202・MN402 断面図.pdf

耐震性能・耐風性能の耐力も抜群!!
従来の棟補強金具・棟垂木の
取り付けが
不要
工期
短縮・コスト削減に貢献!

ウッドスター取扱安全注意事項


楽棟U型 湿式施工写真
2.楽棟U型湿式施工写真 3.楽棟U型湿式施工写真
1.楽棟U型を棟芯に
50oビスにて留めつける。
2.楽棟U型の足部分に隅切瓦を
乗せつける。
3.楽棟U型の足部分に
平隅瓦を乗せ付ける。
4.楽棟U型湿式施工写真 5.楽棟U型湿式施工写真 6.楽棟U型湿式施工写真
4. 棟部土台を
なんばん漆喰で施工
5.棟瓦を棟部土台の上に
乗せつける。
6.糸でレベルを出し棟瓦を
棟部土台の上に乗せる。
7.楽棟U型湿式施工写真 8.楽棟U型湿式施工写真 9.楽棟U型湿式施工写真
7.レベル調整を行いながら、
棟瓦を棟部土台の上に乗せる
8.楽棟U型の頂部に当てるように、70o前後のパッキン付ステンレスネジを所定のビス穴に差し込む。
※山棟の場合は100o前後のビスを使用。
9.パッキン付ビスをドリルにて、
しっかりと留め付ける。


楽棟U型&ハット30・15 湿式施工写真

     
@野地板面に防水シートを貼り、楽棟を棟の芯に合せ50oビスにて野地板に留め付ける。  
     
A楽棟を取り付けた後、瓦桟木を留め付け地葺き。
     
B楽棟の足部分に、勝手瓦を乗せ留め付け、楽棟U型の頭部に楽棟ハットを
 ビスにて仮止め固定する。  
     
CS系瓦の為、楽棟ハット30の上に更に楽棟ハット15を乗せ仮止め固定する。 
     
D隅棟部
      
 E本棟部
     
F楽棟は、通りが良い為、金具工法における金具の高さ調整や
 棟垂木の捩れ調整等が不要(工期短縮省施工) 
 
     
G棟部土台になんばん等を塗布する。なんばん漆喰の使用量が30%程減る。 
 (なんばん漆喰の削減) 
     
H隅棟部なんばん漆喰塗布後、棟瓦の通りを調整しながら
 楽棟ハットの上に乗せつける。  
     
  
     
I本棟部土台になんばん等を塗布する。何番使用量が30%減る。  
J本棟部なんばん漆喰塗布後、棟瓦の通り及び三又部の調整を行い
 楽棟ハットの上に棟瓦を乗せつける。
     
KS形瓦の為90o以上のパッキン付ネジを棟瓦の所定ビス穴に差し込み
 ドリルにて楽棟ハットを貫通し、楽棟に30ミリ以上差し込み、留め付ける。  

PDFは、こちらをクリックしてください

rakumune_sekou2018.1.pdf
rakumune_sekou2018.2.pdf
rakumune_sekou2018.3.pdf
rakumune_sekou2018.4.pdf



戻る
    Copyright(C)2004-2018 有限会社ピュアテック All Rights Reserved.
(掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。)